Enjoy酒造り

雁木、錦乃誉の蔵元 八百新酒造から酒蔵の情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朴(ほう)の葉~中田武士さんとの出会い【その2】

1992

その年(平成4年)の6月か7月。岩国の駅前で美容室を経営している私の友人の長谷川が、とあるお店で一緒に飲んでいる時、
「こんど駅前商連の夜市で路地一本のスペースでイベントの企画をまかされた。俺はオリジナルの盆踊りをやりたい。お前曲を作れ。歌詞は△×●…じゃ」
と、娘が保育園で習っている、確か?
   お寺の花子さんがお洗濯をじゃぶじゃぶ………
みたいな歌詞だったと思う。それを私に見せた。
さっそく、その場で♪ふんふゥふーと即興メロディーを鼻歌し、「よし、できた!」今度は、振り付けじゃのお、と二人が飲み屋さんのフロアーで手振り身振りがはじまったので、さぞかし他のお客様は迷惑なことでした。
そんなこんなで、音頭とりは地元オペラ歌手(バリトン)のAさん、お囃子は、バンド仲間に声を掛け集まってもらい、伝統的なドドンガドンではじまり、途中からアップテンポに急変し、ラテンのリズムで乱舞するという奇天烈な盆踊りが完成しました。
あ~。バカでした。
1992ほまれ音頭1

衣装は何にするかという話になり、「道行く人が、さっと気軽に参加できんといけん。踊る阿呆に見る阿呆おなじ阿保なら踊らにゃそんそん、じゃ。でも、何か統一感を持とう。うん、“緑”でまとめよう」と、緑系の布地、と大きな葉っぱをたくさん用意して、それさえ着ければ、飛び入り参加大歓迎、という方針が立ちました。
1992ほまれ音頭2
とはいえ、大きい葉っぱといえば“やつで”くらいしか思い浮かばない今よりもっと植物に対して無知だった私は、この人は詳しいに違いないと、地元の画家で知己の島崎陽子さんにお尋ねしたところ、「小林さん、ヤツデをお面なんかにしたら顔がかぶれますよ」
「じゃあ、何がいいでしょう?」
「“ほう”の葉なんかどうかしら」
     ほ?ー?      ぴん!ときた私は、
「いい響きですねえ。で、どんな葉っぱなんですか?」
「ほら、ほうば味噌の朴(ほう)ですよ。楕円形でこんな大きさで、香りもいいんですよ。」
だんだん私は興奮してきて、「ふんふん。それ、どこに行ったらありますか?」
「本郷村あたりにあるって聞いたことがありますけど」
    ほ・ん・ご・う    これもイイ!
どうも私は“ほ”と言う響きに反応するようです。
「し、島崎さん。一緒に本郷に行ってもらえませんか?」
ということで、無理やり島崎さんを引っ張り出し、朴(ほう)の葉を求めて、本郷の山へ分け入ることになったのでした。
  1. 2006/05/30(火) 09:13:38|
  2. 仕込水の水源地と中田さんのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朴(ほう)の葉~中田武士さんとの出会い【その1】

朴(ほう)の木を担ぐ中田さん
平成4年7月。所は山口県本郷村本谷の奥。
山道の向こうから楕円形の葉をいっぱいにつけた朴(ほう)の木を担いで、男が向かってきます。この人が林業家の中田武士さん(ナカタ木材・社長)でした。かつては一山を買いとって、樹木の管理をし、伐採して市場に出すというダイナミックな仕事をなさっていた山師さんです。
1992朴(ほう)の葉
なんでわざわざ山奥まで分け入って中田さんに出会うことになったか?中田さんと、ほうの葉と、私と、一体何の関係があるのか?
を説明するには、少々まわり道が必要です。

  1. 2006/05/29(月) 07:44:52|
  2. 仕込水の水源地と中田さんのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湧水を汲みに

5月の本谷
山口県本郷村は岩国市からは北北東、中国山地の中にあります。周辺の山々の幾つもの支流から錦川に合流した水は八百新酒造の前を通過して瀬戸内海へと注ぎ込みます。私達、錦川の下流域に棲み、生業を営むものにとって、どれほどこの山の恵み(=水)の恩恵を受けているか計り知れません。
水と八百新酒造にまつわる諸々の話は別の機会にお話するとして、私達は10年以上前から、お酒の仕込水を錦川を遡ること50km、本郷村の奥地・本谷茅原という集落まで汲みに行っています。
5月13日。お酒の調合に使うための水を本谷まで汲みにいったその日は雨。山の斜面に続く棚田では田植えが行なわれていました。
中田さん方で水汲み
本郷村本谷茅原の林業家・中田武士さんとの本当に幸運な出会いに恵まれて以来、中田さんが羅漢山系の山の湧水を標高差を利用して敷地内までひっぱっている水をタンクローリーに取水して運んで帰り、酒造りの仕込水、他に使わせていただいています。
ダンディ中田at囲炉裏
同じ山口県でも温暖な瀬戸内海沿いと山間部では全く気候が違います。5月とはいえひんやりとするその日、タンクローリーに水が溜まるまでの間、中田さんは私を自分で作った囲炉裏の部屋に招いてくださり、これまたご自信で焼いた炭に火をつけてくださいました。
  1. 2006/05/23(火) 10:03:03|
  2. 仕込水の水源地と中田さんのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ

プロフィール

八百新酒造

Author:八百新酒造
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。