Enjoy酒造り

雁木、錦乃誉の蔵元 八百新酒造から酒蔵の情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

袖触れ合うも他生の縁

りりす@はる

あ~ やってしまった。
これまでの人生で数限りなく犯してきた失敗。電車での居眠り乗り過ごし。今回は目的地には届かない終電に乗った末、終点で眠りこけているのを放りだされたようだ。「ようだ」というのは、私を救ってくれた青年の証言によっているからだ。地下鉄東西線の東陽町駅の出入り口近くの歩道の植え込みに頭から突っ伏している私に、その青年は何度も何度も「大丈夫ですか?!」と声を掛けてくれたらしい。私は、「ん~」とか言いながら、手の平を後に廻してひらひらさせるばかりだったそうな。

人間が正気を取り戻すまでの経過というものは、まず遠くにぼんやり聞こえていた音が意味を持つ言葉として聞こえ始め、靄のかかった視界の中で何物か認識できなかった映像が次第に形を結び始める。

目の前に、ヴィジュアル系の青年が立っている。「あ~良かった。分かりますか。大丈夫ですか。」と言っているのが聞こえる。そして、私も二本の足で立っている。気がついた時には“立っていた”。では、突っ伏していたという証言からすると、直立して青年と向かい合うまでにどういう姿勢の変遷を経てきたのであろうか。それは人類が二足歩行という能力を獲得するまでの経過をシンクロ圧縮したようなものかもしれないが、まあ、あまり人には見られたくない格好の連続であったことは想像に難くない。これが自分でなかったら指をさして大笑いしているに違いない。

いずれにしても、この時点で「ここはどこ?私は誰?」状態からはとりあえず脱した。
「いやあ、心配しましたよ。返事しないし、荷物もあるし…」
漸う私は、この青年が私が正気を取り戻すまでずっと傍で保護してくれていたという事実を認識することができた。
「そう、そうですか。いやあ有難う。すまんかったねえ。」
彼がいてくれなかったら、盗難、オヤジ狩の餌食になっていたところだ。ここが日本だから済んでいるようなものよ!と誰かのお叱りの声が聞こえてきそうだ。蘇った私は、彼に謝意を示す必要があることに気がついた。
2:00AMくらいだったろうか、二人が立っているのは交差点の角で真横にコンビニがあり2Fにはお誂え向きに深夜営業の居酒屋がある。
「ちょっと、上で休もうか。」
「はい。」と、ヴィジュアル系。

私は訳あって前日ほぼ徹夜のところへもってきて、一日立ち仕事した後その晩お得意様主催の酒の会に招かれ出席。ダウンしないように始めから警戒しながらも、途中コンディションを忘れて盛り上がり、それでもなんとか正気のまま退席、駅にたどりつき地下鉄に乗ったところで、記憶が途切れた。
彼は彼で、そう私と大差のない理由で地下鉄から放り出されている。こいつもおっちょこちょいだ。

わたしは翌日(正確にはその日)の仕事を考えて、ウーロン茶を。彼は
「あ~あ三連休も終わりか」と言いながらも、「もう一杯いいですか」って調子でビールか焼酎かよく分からない飲料を3~4杯飲んだ。
彼は携帯カメラで可愛い彼女の写真を見せてくれながら、彼女への想いを語った。それからちょっとシリアスな彼が抱える性的傾向について語った。私も私なりの意見を言った。さらに、彼の双子の兄弟がニートであり社会に関心を示さないことなど…話は多岐に亘った。よく分からないがよく耳にするミクシイをやっていて(?)今度私を招待するだか、紹介するだか言ってくれた。彼のハンドルネームは“りりす@はる”25歳。見かけはちょっとちゃらちゃらなよなよした感じだか、心根の本当に優しい好青年だ。

3:30頃彼の母親が迎えにきた。交差点から離れたところに車を止めたのでお母さんにはお会いしていない。丁度私くらいの歳だそうだ。親御さんは大変だ。 “りりす@はる”しっかりしろよ! て、助けてもらったほうのオッサンが言うのもなんだけど。

“やるき茶屋”のスタッフの方は、私がついでに始発が出る時間まで仮眠することを許してくれた。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/12(木) 17:03:31|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<やっと目が覚めた? | ホーム | 山口県の酒米“西都の雫”現地説明会>>

コメント

お世話になりました

お酒の会、ご一緒させてもらった者です。
今年も美味しい酒造りに頑張ってください。

当日撮影した写真のURLを
info@yaoshin.co.jp
に送っておきます。
  1. 2006/10/15(日) 09:28:08 |
  2. URL |
  3. mach #-
  4. [ 編集]

mach様 ありがとうございました

葛西酒の会では大変お世話になりました。
写真、楽しく見させていただきました。
(冷や汗を流しながら…)
今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2006/10/15(日) 11:38:51 |
  2. URL |
  3. 八百新酒造小林 #-
  4. [ 編集]

やっちゃいましたか(汗
来月の会では控え目にしましょうv-8
  1. 2006/10/15(日) 15:11:20 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

やっちゃいましたよ~
来月は控え目な大人をテーマにします。
  1. 2006/10/16(月) 16:54:29 |
  2. URL |
  3. 八百新酒造小林 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/11/25(土) 00:53:15 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaoshin.blog48.fc2.com/tb.php/60-582319f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:八百新酒造
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。