Enjoy酒造り

雁木、錦乃誉の蔵元 八百新酒造から酒蔵の情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祝島に原田とーじさんを訪ねる

祝島訪問1
祝島は山口県の上関半島に向かい合うようにして瀬戸内海に浮かぶ、神舞(かんまい)で有名な島です。
5月7日 原田とーじさんの住む祝島を蔵人皆で訪ねました。ついついとーじ(杜氏)さんと呼んでしまうのも無理は無く、なにしろ私が生まれる前からずっと八百新の杜氏だった人で、子供の頃から、とーじさん、とーじさん、と呼んでいたものですから。しかし、今期から杜氏の職責を杉本にバトンタッチしたので、ここでは、原田さんのことは“杜氏さん”ではなく、“とーじさん”と書くことにします。

とーじさんは今期も後継の杉本杜氏の後見人としてフルシーズン蔵に入ってくださいました。
口に出せば一人立ちを妨げる、と、言いたい事を我慢してじっと私達を見守ってくれたとーじさんにとって、自分が現場の責任を負ってきたこれまでより却ってしんどいシーズンだったかもしれません。正式に引退したとーじさんに、永年にわたり八百新の酒造りを支えてくださり、私達を育ててくださった感謝の意を表すため、揃って島まで出向いたのでした。
そして、まだまだ未熟な私達に期待以上に不安を抱いているに違いないとーじさんの、経験に裏打ちされた言葉を聞かせてもらいたくて…

「醪と話が出来るようにならんにゃあね」

いろいろと貴重な話を聞かせてくださった中、この言葉に、人生を賭けて酒造りを愛し続けてきた原田さんの真骨頂を見たような気がしました。 
祝島訪問4
私達の来島を聞きつけて、20代の時から頭(かしら=杜氏の補佐役)として原田杜氏とコンビを組んでいた松村さんが、会いに来てくださいました。
往時とーじさんは、この祝島から10人近くの若い衆を引き連れて八百新に蔵入していました。やがて、原田杜氏と松村さんのみが残り、島の若い衆の代わりに私と杉本が蔵入して数年後の松村さんの引退でした。
「わしが辞めてから13年になるのお」と、松村さん。
へ~、とーじさんの他はすべて社員の布陣になってから、もう13年になるんかあ。中村、中津が加わり後はアルバイトで編成する今の体制になって3年。改めて、季節労働の蔵人に頼らず社員が酒を造る体制の構築を目指してきた八百新酒造にとって、原田さんが果たしてくれた貢献の大きさを思わずにはおれません。

ぽんぽんと懐かしい固有名詞が飛び出して、昨日のことのような鮮明さで往時の八百新を語ってくれた松村さんでした。
松村さんいつまでもお元気でそして、たまにゃあ遊びに来てくださいよ。蔵もだいぶ変わったんじゃけえ
祝島訪問3
「ずっとは無理じゃが、電話くれたらいつでも行くけえ」と、最後に原田さんは言ってくれました。隣で奥さんもにこにこと頷いてくれました。
有難うございます。心に沁みます。健康に気をつけてください。いのちある限り八百新との縁はきれんよ、とーじさん!

「わしが漁をせんでも、まわりから魚をもって来てくれる」のは人格者の原田さんであってこそ。釣ったばかりの鯛やら鯵やらめばるやら。出来立ての祝島名物・石豆腐やら。ご馳走攻めでした。終いにはお土産までいただいて、これじゃあお礼にきたんやら、およばれに来たんやら分かりません。
お土産を両手でかかえて、雲間から差し込む光に浮かんだ“神の舞う”祝島を後にしました。

とーじさん、原田のおばちゃん(奥さん)、松村さん、ありがとうございました

スポンサーサイト
  1. 2006/05/10(水) 07:42:23|
  2. 原田(元)杜氏のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<爽やかな甘味の微発泡にごり酒 | ホーム | 吟吟 石橋ご夫妻ご来訪!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yaoshin.blog48.fc2.com/tb.php/30-982be48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

八百新酒造

Author:八百新酒造
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。