Enjoy酒造り

雁木、錦乃誉の蔵元 八百新酒造から酒蔵の情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山口県の酒米“西都の雫”現地説明会

9月13日 山口県オリジナルの酒米“西都の雫(さいとのしずく)”の栽培現地説明会に参加しに下関市豊田町を訪れました。
集まったのは今期“西都の雫”を使ってお酒を仕込む蔵元、県農業試験場、工業技術センター、JA、および生産農家、などの関係者です。
農業試験場が開発を進めていた“西都の雫”は昨年やっとある程度の収量を確保し、先行して数蔵がこの米を使った仕込をされております。八百新酒造としては今期初めて、1本だけこの米を使った仕込にチャレンジします。
西都の雫①

現在のところ、西都の雫の生産農家は15軒、作付面積約12ha、予定収穫量870俵です。この日見学させていただいたのは、岡村貴志さんのおよそ八反の田んぼです。
西都の雫②

まだまだ黄金の稔りには至っておらず、粒も小さいという印象。稲刈りまでのあと一月弱の間に実が太るとか。
西都の雫③

酒造好適米の王者“山田錦”を父方の親の親に持つわりには、山田錦より背丈はうんと低いので風には強く栽培しやすい米のようですが…
折りしも、大型台風13号が近づいています。なんとか逸れて欲しいものの直撃の可能性もある進路。
倒されないよう踏ん張ってくれることを祈ります。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/17(日) 09:07:02|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雁木、北陸デビュー!

“しなやかなる”日本酒文化伝道師Mr.Uから2枚の画像が届きました。
Mr.Uは日本酒および日本酒文化を世界に伝えるべく様々なアプローチを繰り広げられており日本酒ファンのみならず日本酒に関心の薄かった人にまで夢を与え続けておられます。
 写真は北陸・金沢の地で自らプロデュースした日本酒発信のための大型専門店『リカードゥ』のオープン(9月14日)を控えた様子です。
20060912202036.jpg

 わが蔵の雁木および錦乃誉が冷蔵棚にズラッと並んでいます。Mr.Uから高く評価していただき雁木はフルラインナップを揃えていただきました。壮観です!
20060913073441.jpg

 “雁木”という銘柄は、川沿いに位置する八百新酒造がかつて“雁木”と呼ばれる階段状の船着場から米を水揚げしていたことに由来していますが、“雁木”には雪国にも因んだ別の意味もあります。
 雪国は積雪のため建物から出入りが困難になります。そのため、家の軒を延長してつっかえの柱を立て、建物への出入りのスペースを確保するためのアーケード状態のことも“雁木”と呼びます。全然ちがう使われ方をしていますが、その形状にどこか通底するイメージをいにしえの人は抱いたのでしょうか?“雁木”は日本語の奥深さを感じさせる言葉の一つだなあ、と我ながら思っています。
 雁木は北陸では初デビューですが、案外馴染んでいただけるんじゃないかなと勝手に期待しております。もちろん酒質も!

金沢の皆さん!
試飲ができるそうですので、是非“リカードゥ”で雁木と錦乃誉をお試しください。

(Mr.Uにはこのブログにも、少しづつ登場していただこうと思っております
  1. 2006/09/13(水) 07:22:43|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

『出没!アド街ック天国』のDVD届く!

アド街
 先日ブログにコメントを寄せていただいた“ただノン”さんが、8月19日にテレビ東京で放映された『出没!アド街ック天国~阿佐ヶ谷』の録画DVDを送り届けてくださいました。(感謝!)
善知鳥

番組では日本酒通の間では知る人ぞ知る名店“善知鳥”が取り上げられたのです。

善知鳥6

店主の今悟さんが酒と温度の関係を『雁木』を使ってディープに解説・実演されていたというのに、迂闊にも私は(恥ずかしい理由で)番組を見逃していたのでした。(冷汗)
***そこのところの顛末は当ブログ8/25“ただノン”さんのコメント以下からご参照ください。

善知鳥2

善知鳥3

善知鳥4

善知鳥5

動画 ←クリックすると番組が見れます。
生からすみで雁木純米無濾過生原酒を一杯やりたくなりました。
次回はシャキッとして善知鳥へいくぞ!
今さんよろしくお願いします。

“ただノン”さん、ご好意改めて感謝いたします。
そして、北陸放送での放映を録画しビデオを送ってくださった金沢のUさん、Kさん、この場を借りてお礼申し上げます。


  1. 2006/09/09(土) 12:28:14|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

いたいけな子かまきり

子かまきり①

ふと見ると門塀の瓦の上を、ちっちゃな蟷螂の赤ちゃんがヨチヨチと歩いていました。(写真がピンボケでスミマセン)

子かまきり③


何日か前も、庭の楓の幹に必死でつかまり前足で先をつかめば身体はふらふら、もう一方の前足でさらに上をつかめばまたふらふら。今にも風で吹き飛ばされそうなくらいに、か弱くも健気に登っている姿を目撃しました。

成長すれば斧となる蟷螂の前足も、今はまだそれこそ紅葉のお手手。
がんばれ! 大きくなれよ!
  1. 2006/09/08(金) 20:00:16|
  2. 随想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Author:八百新酒造
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。