Enjoy酒造り

雁木、錦乃誉の蔵元 八百新酒造から酒蔵の情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

朴(ほう)の葉~中田武士さんとの出会い【その2】

1992

その年(平成4年)の6月か7月。岩国の駅前で美容室を経営している私の友人の長谷川が、とあるお店で一緒に飲んでいる時、
「こんど駅前商連の夜市で路地一本のスペースでイベントの企画をまかされた。俺はオリジナルの盆踊りをやりたい。お前曲を作れ。歌詞は△×●…じゃ」
と、娘が保育園で習っている、確か?
   お寺の花子さんがお洗濯をじゃぶじゃぶ………
みたいな歌詞だったと思う。それを私に見せた。
さっそく、その場で♪ふんふゥふーと即興メロディーを鼻歌し、「よし、できた!」今度は、振り付けじゃのお、と二人が飲み屋さんのフロアーで手振り身振りがはじまったので、さぞかし他のお客様は迷惑なことでした。
そんなこんなで、音頭とりは地元オペラ歌手(バリトン)のAさん、お囃子は、バンド仲間に声を掛け集まってもらい、伝統的なドドンガドンではじまり、途中からアップテンポに急変し、ラテンのリズムで乱舞するという奇天烈な盆踊りが完成しました。
あ~。バカでした。
1992ほまれ音頭1

衣装は何にするかという話になり、「道行く人が、さっと気軽に参加できんといけん。踊る阿呆に見る阿呆おなじ阿保なら踊らにゃそんそん、じゃ。でも、何か統一感を持とう。うん、“緑”でまとめよう」と、緑系の布地、と大きな葉っぱをたくさん用意して、それさえ着ければ、飛び入り参加大歓迎、という方針が立ちました。
1992ほまれ音頭2
とはいえ、大きい葉っぱといえば“やつで”くらいしか思い浮かばない今よりもっと植物に対して無知だった私は、この人は詳しいに違いないと、地元の画家で知己の島崎陽子さんにお尋ねしたところ、「小林さん、ヤツデをお面なんかにしたら顔がかぶれますよ」
「じゃあ、何がいいでしょう?」
「“ほう”の葉なんかどうかしら」
     ほ?ー?      ぴん!ときた私は、
「いい響きですねえ。で、どんな葉っぱなんですか?」
「ほら、ほうば味噌の朴(ほう)ですよ。楕円形でこんな大きさで、香りもいいんですよ。」
だんだん私は興奮してきて、「ふんふん。それ、どこに行ったらありますか?」
「本郷村あたりにあるって聞いたことがありますけど」
    ほ・ん・ご・う    これもイイ!
どうも私は“ほ”と言う響きに反応するようです。
「し、島崎さん。一緒に本郷に行ってもらえませんか?」
ということで、無理やり島崎さんを引っ張り出し、朴(ほう)の葉を求めて、本郷の山へ分け入ることになったのでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/30(火) 09:13:38|
  2. 仕込水の水源地と中田さんのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朴(ほう)の葉~中田武士さんとの出会い【その1】

朴(ほう)の木を担ぐ中田さん
平成4年7月。所は山口県本郷村本谷の奥。
山道の向こうから楕円形の葉をいっぱいにつけた朴(ほう)の木を担いで、男が向かってきます。この人が林業家の中田武士さん(ナカタ木材・社長)でした。かつては一山を買いとって、樹木の管理をし、伐採して市場に出すというダイナミックな仕事をなさっていた山師さんです。
1992朴(ほう)の葉
なんでわざわざ山奥まで分け入って中田さんに出会うことになったか?中田さんと、ほうの葉と、私と、一体何の関係があるのか?
を説明するには、少々まわり道が必要です。

  1. 2006/05/29(月) 07:44:52|
  2. 仕込水の水源地と中田さんのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湧水を汲みに

5月の本谷
山口県本郷村は岩国市からは北北東、中国山地の中にあります。周辺の山々の幾つもの支流から錦川に合流した水は八百新酒造の前を通過して瀬戸内海へと注ぎ込みます。私達、錦川の下流域に棲み、生業を営むものにとって、どれほどこの山の恵み(=水)の恩恵を受けているか計り知れません。
水と八百新酒造にまつわる諸々の話は別の機会にお話するとして、私達は10年以上前から、お酒の仕込水を錦川を遡ること50km、本郷村の奥地・本谷茅原という集落まで汲みに行っています。
5月13日。お酒の調合に使うための水を本谷まで汲みにいったその日は雨。山の斜面に続く棚田では田植えが行なわれていました。
中田さん方で水汲み
本郷村本谷茅原の林業家・中田武士さんとの本当に幸運な出会いに恵まれて以来、中田さんが羅漢山系の山の湧水を標高差を利用して敷地内までひっぱっている水をタンクローリーに取水して運んで帰り、酒造りの仕込水、他に使わせていただいています。
ダンディ中田at囲炉裏
同じ山口県でも温暖な瀬戸内海沿いと山間部では全く気候が違います。5月とはいえひんやりとするその日、タンクローリーに水が溜まるまでの間、中田さんは私を自分で作った囲炉裏の部屋に招いてくださり、これまたご自信で焼いた炭に火をつけてくださいました。
  1. 2006/05/23(火) 10:03:03|
  2. 仕込水の水源地と中田さんのこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

爽やかな甘味の微発泡にごり酒

雁木活性にごりをどうぞ!

「どうぞ召し上がってください!」と、わが女性陣が差し出しているのは5月8日に新発売したばかりの『雁木 活性にごり 発泡純米原酒』です。
瓶の中で二次発酵をしている“うすにごり”の微発泡酒です。
泡立ち加減と爽やかな甘みのバランスが今年は思い通りに仕上がりました。
「今年は」と言うのは、昨年もこのお酒を商品化するチャレンジをしたのですが、納得いく出来でなかったので発売を断念した経緯があるからです。
“未遂”に終わった昨年の失敗を糧に、今年は自信を持って皆様にお薦めできる“活性にごり”を造ることが出来ました。
雁木活性にごり
発売前に、瓶詰したてを家内に飲ませた時には、あまり飲めない彼女に「もっと注げ」と催促され、困りました。
先日、久々に訪れた従兄弟に飲ませたところ、
「お~っ!」という反応があり、 「…にんまり」
ほくそ笑む私でありました。 彼はあまりお酒に強いほうではなく、どちらかと言うとワイン党なのですが、ぐびぐびやっていました。(かといってワインの様なお酒と言う訳ではありませんよ。)
このお酒は、あまり日本酒に親しまれない方にも違和感なく美味しく召し上がっていただけますので、日本酒への抵抗が消えるでしょう。日本酒を日頃からご愛飲くださっている方は、日本酒の新たな地平が広がると思います。
 アルコール分やや低めとはいっても14度。いくら飲み易くても、飲みすぎには気をつけましょう。
  1. 2006/05/16(火) 20:47:44|
  2. お酒の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

祝島に原田とーじさんを訪ねる

祝島訪問1
祝島は山口県の上関半島に向かい合うようにして瀬戸内海に浮かぶ、神舞(かんまい)で有名な島です。
5月7日 原田とーじさんの住む祝島を蔵人皆で訪ねました。ついついとーじ(杜氏)さんと呼んでしまうのも無理は無く、なにしろ私が生まれる前からずっと八百新の杜氏だった人で、子供の頃から、とーじさん、とーじさん、と呼んでいたものですから。しかし、今期から杜氏の職責を杉本にバトンタッチしたので、ここでは、原田さんのことは“杜氏さん”ではなく、“とーじさん”と書くことにします。

とーじさんは今期も後継の杉本杜氏の後見人としてフルシーズン蔵に入ってくださいました。
口に出せば一人立ちを妨げる、と、言いたい事を我慢してじっと私達を見守ってくれたとーじさんにとって、自分が現場の責任を負ってきたこれまでより却ってしんどいシーズンだったかもしれません。正式に引退したとーじさんに、永年にわたり八百新の酒造りを支えてくださり、私達を育ててくださった感謝の意を表すため、揃って島まで出向いたのでした。
そして、まだまだ未熟な私達に期待以上に不安を抱いているに違いないとーじさんの、経験に裏打ちされた言葉を聞かせてもらいたくて…

「醪と話が出来るようにならんにゃあね」

いろいろと貴重な話を聞かせてくださった中、この言葉に、人生を賭けて酒造りを愛し続けてきた原田さんの真骨頂を見たような気がしました。 
祝島訪問4
私達の来島を聞きつけて、20代の時から頭(かしら=杜氏の補佐役)として原田杜氏とコンビを組んでいた松村さんが、会いに来てくださいました。
往時とーじさんは、この祝島から10人近くの若い衆を引き連れて八百新に蔵入していました。やがて、原田杜氏と松村さんのみが残り、島の若い衆の代わりに私と杉本が蔵入して数年後の松村さんの引退でした。
「わしが辞めてから13年になるのお」と、松村さん。
へ~、とーじさんの他はすべて社員の布陣になってから、もう13年になるんかあ。中村、中津が加わり後はアルバイトで編成する今の体制になって3年。改めて、季節労働の蔵人に頼らず社員が酒を造る体制の構築を目指してきた八百新酒造にとって、原田さんが果たしてくれた貢献の大きさを思わずにはおれません。

ぽんぽんと懐かしい固有名詞が飛び出して、昨日のことのような鮮明さで往時の八百新を語ってくれた松村さんでした。
松村さんいつまでもお元気でそして、たまにゃあ遊びに来てくださいよ。蔵もだいぶ変わったんじゃけえ
祝島訪問3
「ずっとは無理じゃが、電話くれたらいつでも行くけえ」と、最後に原田さんは言ってくれました。隣で奥さんもにこにこと頷いてくれました。
有難うございます。心に沁みます。健康に気をつけてください。いのちある限り八百新との縁はきれんよ、とーじさん!

「わしが漁をせんでも、まわりから魚をもって来てくれる」のは人格者の原田さんであってこそ。釣ったばかりの鯛やら鯵やらめばるやら。出来立ての祝島名物・石豆腐やら。ご馳走攻めでした。終いにはお土産までいただいて、これじゃあお礼にきたんやら、およばれに来たんやら分かりません。
お土産を両手でかかえて、雲間から差し込む光に浮かんだ“神の舞う”祝島を後にしました。

とーじさん、原田のおばちゃん(奥さん)、松村さん、ありがとうございました

  1. 2006/05/10(水) 07:42:23|
  2. 原田(元)杜氏のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吟吟 石橋ご夫妻ご来訪!

.吟吟石橋さんと
5月2日 東京・大森で『吟吟』という居酒屋を営む石橋さんご夫妻と“今度こそ本当に”蔵での再会に成功しました。“今度こそ本当に”というのには訳があって、実は昨年もGW中に八百新の玄関先まで訪れてくださっていたのでした。
昨年のこと。5月4日という日程だけは決めておいて、流動的な旅程のため到着時間ははっきりした時点でケータイで連絡、との申し合わせでした。ところが彼のケータイはトラブルを起こし使用不能に。待てど暮らせど連絡はつかず、夕刻近くになって半ば諦めた私は会社の角にある休憩室でサックスをプースカ鳴らし始めました。
ちょうどその頃、石橋さんは自力で蔵の前まで到着しており、蔵の周りを一周し、開いていた玄関から一歩足を踏み入れ、声をかけたが返事はなく、「そういえば角の部屋から、何か変な音が聞こえた」というのは後で彼から聞いた話。「なんじゃあ、わしゃそこに居ったのに~」
かくして昨年の蔵見学は未遂に終わったのでした。
ケータイに依存しきっている現代人の盲点といいましょうか。

しかし、義理堅い石橋さんは今年も八百新酒造の蔵訪問を計画してくださり、今回はケータイの整備もバッチリで、“今度こそ本当に”蔵への到着を成功させてくれたのでした

自衛隊と米軍の飛行場のある岩国では毎年5月5日に日米親善デーというイベントがあり、その日は11万の人口が倍以上に膨らむほどの人出で全国から航空ファンが押し寄せます。その一番の呼び物がブルーインパルによる曲芸飛行。前日5月4日の予行演習に石橋さんは遭遇したのでした。蔵の前を錦川が流れていますから視界は広く、航空ショーの一部始終はその岸辺から、飛行場の中で見るのとほとんど変わらないくらいに見ることができます。飛行演目のなかの一つの、2機のジェット機が大空に描いた巨大なハートを彼方から飛んできた1機が射抜くシーンを、その時はフィアンセであったかおりさんの手を握りしめ石橋さんは見たんだとさ。その年の秋に二人は晴れてご成婚。今年はご夫婦となってのご来訪です。あらためておめでとうございます

『吟吟』は今やオフィス街として急成長の大森にある居酒屋さんです。瀬戸内の海鮮を中心にした石橋さんの創意溢れる美味しい料理と、彼が厳しくセレクトし愛情を込めて提供してくれる日本酒が支持されて、近くに『吟吟』の模倣店が出現しはじめるほどの人気店です。どんどんと若い日本酒ファンを育ててくださっています。石橋さんは「大森を日本酒の発信地に育てたい」とおっしゃるほどの大志をお持ちです。益々期待してますよ
吟吟石橋さんご来訪①

写真の後列、左から杉本杜氏、石橋さん、中村、中津。冬でもTシャツの杉本。学生時代を沖縄ですごし極端に寒がりの中津。季節がよめん写真じゃのお。
「社長が写ってもしょうがないけえ、奥さんと一緒の写真を社長が撮れ」と、突っ込みが入り、2枚目の写真になりました。
  1. 2006/05/03(水) 19:02:58|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

純米酒フェスティバル

純米酒フェスティバル2

4月16日椿山荘で純米酒フェスティバルというイベントに出展参加しました。毎年4月と10月に行なわれ全国から50の蔵が一堂に会し、それぞれ自慢の純米酒をご披露します。今回は13回目だそうで、都内では完全に定着したイベントになっています。八百新酒造もすでに6回目の参加でほとんど毎回参加されているとおぼしき愛飲家の方とはすっかり顔なじみになってしまいました。なにしろ、昼の部、夜の部、それぞれ600名以上の方が来場されるのでブースは大忙しです。

とても一人ではやりこなせないので、いつもは家内や都内で学生をしていた倅に手伝わせていたのですが、今回は強力な助っ人に手伝っていただきました。日本酒関係の仕事に携わっておられるM女史です。なんとMさんは2002年ヴァージョンのラベルをはじめ何年かに亘って雁木のラベルをストックしてくだっさっているくらいの雁木ファン。先日、そのファイルを見せていただいた時には、感激したのなんの、アドレナリンが沸き立ちました。縁あって面識を得たとたんに、ずうずうしい私がこのイベントのアシスタントを依頼したところ、快く引き受けてくださったのでした。

前日には“打ち合わせ”と称して、代々木上原の“笹吟”でMさん御夫妻と杯を交わしました。その席で、M女史が「実は、主人もブースに立ちたいと申しておりまして…」と。そうなんです、Mさんご夫妻は日本酒大好き30代夫婦なのです。
こちらとしては願ったり叶ったりで、千騎の味方を得た気分です。“前夜祭”は俄然盛り上がりました。
三輪田夫妻
はたして、翌日(当日)三輪田ご夫妻は大活躍。日本酒に関する造詣が深く、なにより日本酒を愛していらっしゃいますので、わがブースに集まるお客様へのサービスを感じよくこなして下さり、お陰様で私はEnjoyする余裕をいただきました。
ご主人、雁木の前掛姿きまってますよ
三輪田ご夫妻、本当にありがとうございました。
  1. 2006/05/01(月) 20:41:51|
  2. 出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:八百新酒造
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。