Enjoy酒造り

雁木、錦乃誉の蔵元 八百新酒造から酒蔵の情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

始まりました!

昨日午後 神事に続いて1号の酒母麹の洗米をして本年度の酒造に『着手』しました。

9月15日 早朝 始めての『蒸し』。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/15(土) 21:06:37|
  2. 酒造り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「山田錦」栽培講習会


7月27日 山口県農林事務所、山田錦生産者、酒造業者有志による「山田錦」栽培講習会がありました。



山口県の中山間部にある「徳地」は県内有数の山田錦の産地です。
この徳地島地の田の稲は田植えが早かった分生育も早いとのこと。
今年は7月の降雨量が平年より大幅に多かったのでこれからしっかり日照時間を確保したいところ。
出穂期に向けてポイントとなるのが水管理。田に張る水の日中と夜間の水温差のメリハリをつけるための水の入れ替えが重要だそうです。



徳地八坂地区にある山口県の山田錦の“原原種”の田と、その生産者の吉鹿さん。
初めて山田錦を手掛けられてから26年間研究を重ねられ山口県の山田錦のレベルアップをリードしておられます。
  1. 2012/07/28(土) 10:35:41|
  2. 酒造り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八拾


左は、80%精白の純米酒のカテゴリーキラーで私が一目置いている『亀齢』の八拾。
右は、うちが今年始めて80%の飯米でトライした『雁木』の八拾(発売未定)。2月に仕込み体験をしてくれた葛谷さんのお店「七色」でモニタリングしてもらいました。
評判は上々。
80%らしくしっかりしていて、80%とは思えぬほどクリア。
さてその軍配は?



昨日七色さんに伺ったときご主人のカジさんが特別に揚げてくれた小蕪の天ぷら、最高でした。
  1. 2012/04/14(土) 01:01:54|
  2. 酒造り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祓え給え 清め給え

今年は例年より少し早い酒造りの着手。

お供え2

10月29日 着手に先立ち酒造りの安全を祈願して神事をとりおこないました。 

整列

宇津神社 佐古宮司に蔵を祓い清めていただきます。

お祓い

松尾様のお札を神棚に祀り祝詞をいただきます。

祝詞

「和をもって尊しとなす」
気持ちを新たに、一同心をひとつにして、さあ、平成20酒造のスタートです
  1. 2008/10/31(金) 23:48:42|
  2. 酒造り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

おや!水のお燗?

仕込水をお燗
酒造りはすべからく品温管理が欠かせません。
やみくもに蒸米と麹と仕込水を混ぜているのではなく、
三段仕込の各段階で仕込み直後の目標温度をそれぞれに設定しています。

その日は初添え(三段仕込の初日)の仕込み。
蒸米を仕込む2時間前に、水と麹を合わせて「水麹」を準備します。
蒸米の仕込み直後の目標温度=12℃。 そのために8℃の水麹を
つくります。
一方水は3℃と冷え過ぎ。冷却しておいた麹と併せるため10℃位に
水温を上げなくてはなりません。

“半切桶”に湯をはって、仕込水を入れた“ため”を漬けて湯煎します。

お酒の“お燗”と一緒ですね。





  1. 2008/02/05(火) 16:38:15|
  2. 酒造り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

プロフィール

八百新酒造

Author:八百新酒造
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。