Enjoy酒造り

雁木、錦乃誉の蔵元 八百新酒造から酒蔵の情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知らんかったあ!


ここの所東京出張の密かな楽しみにしているのが寄席。
4日前、青森からの帰り上野に降り立ち鈴本演芸場に行きました。
同じ上野でもフェルメールで沸く東京都美術館とは打って変わって席も疎ら。
「一番前列のお母さん、あたしが噺してる時は話しかけないでくださいね!」等と、まくらでお客さんを芸人さんがいじります。なんともアットホームな長閑な雰囲気。



この日一番は三遊亭歌之介!
こんなおもしろい噺家さんがいたとは・・・知らんかったあ!
スポンサーサイト
  1. 2012/07/08(日) 20:03:29|
  2. 随想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しなやかに動くべし



東京都美術館で開催中のマウリッツハイス美術館展http://yaoshin.blog48.fc2.com/
にいってきました。
今、東京ではそこら中にフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」のポスターが張り巡らされているせいか美術展は入場までに20分以上列ばされる大盛況。
行列に列ぶ事が大っ嫌いな私はこれには辟易しましたが、ここはグッと我慢。
人気の絵の前ではすごい人だかりができて、絵に近いポジションを獲得できるものの粛々と牛歩するインコースと、人の頭の隙間から眺めなくてはならないけど自由に絵から絵と移動できるアウトコースに分かれます。
最初私はインコースを選びましたが、
途中耐えきれなくなってアウトコースに移りました。
「こんな不自由を強いられて見てもしょうがないだろう、主催者の宣伝に躍らされた馬鹿者ども!」と、馬鹿者の一人のくせに心の中で毒づきながらも、次第に身体がこの最悪な環境に順応してきました。
スペースを衝け! ズルいといえばズルいのですが、一瞬できる空白地帯があるもので、そこにヒラヒラと身体を滑り込ませる。人の顔の前に出ることなくスローイン、クイックアウト。このコツを身体が覚えるとストレスなく鑑賞できるようになりました。
「しなやかに動くべし!」

この展覧会の最大の呼び物である「真珠の耳飾りの少女」の絵一つのためにパテーションで仕切られたひと部屋が与えられており、そこには凄い人の数。この絵を間近に見るためには蛇腹に折れた順路を数十分かけて進まなくてはなりません。
アウトコース組の私には一定の距離以上の位置からしか見る権利は与えられませんが、それでも本物の「・・・少女」の前ではドキドキしました。

  1. 2012/07/08(日) 02:16:59|
  2. 随想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

敵ながら…

残された北京オリンピックへの関心は星野ジャパンの金メダル奪取の一点にあっただけに
昨日の対韓国準決勝敗退にはさすがにガックリ。

韓国代表監督

しかし、敵将○○○監督(韓国通ではないので名前は知らない)
の采配には敵ながら見るべきものがあった。
2-1日本一点リードで迎えた七回裏。この回から当番した藤川が本調子でないとみるや、一死一塁の場面で、一塁ランナーの韓国チームで最も当たっていた選手に代えて、代走を送る。
「この場面が唯一のチャンス。ここで絶対に点を取る」との明確なメッセージ。勝負に出た!
監督の気迫に鼓舞された韓国選手達。一方、日本選手は動揺したか?
果たして、連打で同点。
狙って取った一点。否が応でも盛り上がる韓国、後は押せ押せ一方的な展開。

くやしいけど、ここは韓国に学ぼう。
臥薪嘗胆、リベンジは何時?


  1. 2008/08/23(土) 11:34:19|
  2. 随想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

梅雨明け?

H20.7.6城山より
例によって、青葉茂れる城山に登りました。聞けば四国では早くも梅雨明けしたとのこと。
なんだかこのあたりも宣言待ちの気配です。
嬉しいやら、心配になるやら。水足りるンんじゃろうか?

H20.7.6瓜の塩漬け
農家の親戚から瓜をいただいたので、今年第一回目の“奈良漬”に挑戦。
今日はまず瓜を半分に切って種を取除き塩漬けにするまで。
2~3日後水が抜けると、取り出して陰干しします。
  1. 2008/07/06(日) 14:26:03|
  2. 随想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

気がつけば 桜

H20.4.3桜a

は~ 咲いとるわ~   あららら~ 咲いとるわ~
3月10日に甑倒し(仕込が終わる日)を過ごし、
3月31日に皆造(すべての“もろみ”を搾り終える日)となり、
集中が解け半ば放心状態に近かったのか、風景に実感がなかったようです。

気がつけば桜が目の前に六分咲き。
いや~ 春は来るもんですねえ。

H20.3.10甑倒し
(甑倒しの日の写真)

いろいろ試行錯誤の多かった今年の酒造りですが
若い蔵人たちが一致団結力をあわせ
無事、皆造を迎えることが出来ました。
出来上がったお酒には皆の愛情がたっぷり入っています!

H20.4.3桜b

ひやぁ~ 眩し~い
  1. 2008/04/03(木) 19:02:05|
  2. 随想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

Author:八百新酒造
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。