Enjoy酒造り

雁木、錦乃誉の蔵元 八百新酒造から酒蔵の情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏 辛口純米



今年初めてデヴューする夏季限定酒です。(GW明けに発売予定)
日本酒度 +8.5 シャープな切れ味の辛口に仕上げました。
ラベルのデザインも決まっていない段階でサンプルを試飲していただいた特約店様、他「今度こんなの出します」と口頭でご説明する機会のあった何軒かの特約店様だけで注文が埋まってしまいました。
正式にご案内もできなくなってしまったことに全く他意はありません。
数量が少なすぎました。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/27(金) 23:13:02|
  2. お酒の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西都の雫(さいとのしずく)

西都の雫

昨年9月に栽培現地視察の様子をブログでお伝えした「西都の雫」を使って造ったお酒をこの度発売いたします。

「西都の雫」は、県の農業試験場で育成された
 山口県オリジナルの酒米です。
 幻の米「穀良都(こくりょうみやこ)」を母方に
「西海222号(親:山田錦)」を父方に、交配・
 選抜して生まれました。
 当初は「山口酒1号」という名前で呼ばれており、
 平成15年から試験栽培と並行して醸造試験を行
 ってきました。

 ある程度の収量が確保できるようになった平成18酒造年度、八百新酒造でもはじめてこの「西都の雫」を使って仕込みを行いました。何年か続けてみないと「西都の雫」で造ったお酒の特質を断定することはできませんが、なんとなくうちの蔵との相性は良さそうです。今年は、微かにトロピカルフルーツの香りがする独特の味わいのおいしい酒ができあがりました。
  1. 2007/08/02(木) 08:13:33|
  2. お酒の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

雁木 純米大吟醸 せきれい(鶺鴒)

segurosekirei
あ、おはようございます。
ずいぶん長いこと寝ていたなあ…てことはなく、この間、甑倒しを終え、皆造を終え、瓶詰瓶燗→冷蔵貯蔵の作業が続き、蔵仕事に集中しておりました。

さて、今年自らに課した宿題のひとつに、40%まで磨いた山田錦を原料に雁木の最上級アイテムを造り上げることがありました。過去3年間、同一規格の純米大吟醸の仕込みをしてきましたが、今ひとつ雁木の最上級酒として出荷することに踏み切れない出来上がりでした。 
例年にも増して丁寧な造りを心掛けた今期、漸く納得のゆくものになりましたので、 自信をもって皆様にお届けしたいと思います。
雁木純米大吟醸せきれい

優雅な香味で満たされた後に続く一筋の余韻の心地よさを、
蔵の前を流れる錦川の水面すれすれを滑るように飛ぶ鶺鴒(せきれい)
になぞらえました。
        錦川の雁木

  1. 2007/06/02(土) 13:47:26|
  2. お酒の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

爽やかな甘味の微発泡にごり酒

雁木活性にごりをどうぞ!

「どうぞ召し上がってください!」と、わが女性陣が差し出しているのは5月8日に新発売したばかりの『雁木 活性にごり 発泡純米原酒』です。
瓶の中で二次発酵をしている“うすにごり”の微発泡酒です。
泡立ち加減と爽やかな甘みのバランスが今年は思い通りに仕上がりました。
「今年は」と言うのは、昨年もこのお酒を商品化するチャレンジをしたのですが、納得いく出来でなかったので発売を断念した経緯があるからです。
“未遂”に終わった昨年の失敗を糧に、今年は自信を持って皆様にお薦めできる“活性にごり”を造ることが出来ました。
雁木活性にごり
発売前に、瓶詰したてを家内に飲ませた時には、あまり飲めない彼女に「もっと注げ」と催促され、困りました。
先日、久々に訪れた従兄弟に飲ませたところ、
「お~っ!」という反応があり、 「…にんまり」
ほくそ笑む私でありました。 彼はあまりお酒に強いほうではなく、どちらかと言うとワイン党なのですが、ぐびぐびやっていました。(かといってワインの様なお酒と言う訳ではありませんよ。)
このお酒は、あまり日本酒に親しまれない方にも違和感なく美味しく召し上がっていただけますので、日本酒への抵抗が消えるでしょう。日本酒を日頃からご愛飲くださっている方は、日本酒の新たな地平が広がると思います。
 アルコール分やや低めとはいっても14度。いくら飲み易くても、飲みすぎには気をつけましょう。
  1. 2006/05/16(火) 20:47:44|
  2. お酒の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

朝しぼり 本日出荷!

事務の石川さんと朝しぼり

今日は“朝しぼり”出荷の日。
未明に搾りあがったばかりのお酒を即、瓶詰。その日のうちに出荷までしてしまう、従業員泣かせの超強行軍企画にして、将に“究極のしぼりたて”です。2月に特別純米、3月に純米大吟醸、それぞれ1日のみ毎年実施しています。山口県では当社が初めて試みて、すでに今年で9年目。完全に地元ではこの季節の風物詩として定着しました。毎年出荷を楽しみにしてくれているリピーターのみなさん、今年もおいし~い『朝しぼり』出来上がりましたよ~。

新しい酒林を吊るす川端さん(瓶詰担当)

この丸い杉の玉は、『酒林』と言って、その年初めて新酒を搾ったサインとしてその昔奈良の三輪神社で吊るされていたのを起源に、造り酒屋の風習として今に伝わるものです。出荷はまだしないまでも、もうすでに今期の新酒は何本か搾りあがっていますが、八百新酒造では2月の朝しぼりの日に新しい酒林を吊るし替えることにしています。
  1. 2006/02/09(木) 12:03:37|
  2. お酒の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

八百新酒造

Author:八百新酒造
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。